<progress id="bnzhf"><del id="bnzhf"><font id="bnzhf"></font></del></progress>

        <nobr id="bnzhf"></nobr>
          <form id="bnzhf"></form>

            <em id="bnzhf"></em>

              <track id="bnzhf"><mark id="bnzhf"><listing id="bnzhf"></listing></mark></track>

              豊和工業株式会社

              コーポレート?ガバナンス

              コーポレート?ガバナンスの状況

              企業統治の体制及び内部統制システムの整備の状況等
              当社は、業務執行に関する重要事項について、取締役会において意思決定を行っております。但し、取締役会から委任された一部の事項については、代表取締役社長が意思決定を行う体制となっております。また、執行役員会において執行報告を受ける体制にしております。さらに、意思決定の迅速化を図るため、経営会議を開催し、経営の重要案件を審議しております。取締役会は、隔月に1回の割合で定例会を開催するほか、議案毎に随時開催し、執行役員会は、毎月2回の定例会を開催しております。また、経営会議は、毎月1回の定例会を開催するほか、案件毎に随時開催しております。また、代表取締役社長の諮問機関として、社外取締役3名を含む監査等委員である取締役と、役付取締役で構成される指名報酬諮問会を設置しており、諮問会での意見を取締役の報酬?評価、新任取締役の選任に反映させております。
              当社は監査等委員会設置会社であり、取締役の職務執行の監査等を担う監査等委員である取締役を取締役会の構成員とする事により、取締役の監督機能を強化し、更なる監視体制の強化を通じてより一層のコーポレート?ガバナンスの充実を図っております。なお、現在、監査等委員会は監査等委員である取締役4名で構成され、うち3名が高い識見を有する社外取締役であります。監査等委員である取締役1名は、経理?財務業務に専門的な知識を有しております。監査等委員である取締役は、取締役会、執行役員会、経営会議、その他の重要会議に出席し、取締役の職務遂行状況について法令遵守及び企業倫理の観点からも充分な監査を継続的に行う体制となっております。また、子会社に対する往査を実施するほか、会計監査人との意見交換会を定期的に開催することとしております。
              当社は、経営全般にわたり法令を遵守し、迅速かつ的確な意思決定と執行を図るとともに、透明性を確保するために、このような体制を採用しております。

              コーポレート?ガバナンス体制図

              (取締役会)
               業務執行に関する重要事項について、意思決定を行う
              (監査等委員会)
               経営の健全性の維持?強化を図り、経営全般について取締役の職務執行のチェックを行う
              (指名報酬諮問会)
               取締役の報酬、評価および選解任の諮問を行う
              (経営会議)
               重要な経営課題の協議?答申および事業運営に係る重要なリスクの識別?対応を行う
              (執行役員会)
               業務執行方針?経営課題等の協議、執行状況の報告を行う
              (内部監査委員会)
               ?内部統制部門:内部統制統括および内部通報窓口
               ?内部監査部門:会社統制および業務プロセスに係る内部監査を行う
              (会計監査人)
               監査契約を締結している栄監査法人から会計監査を受ける
              (監査等委員委員会室)
               監査等委員会の職務を補助する
              男女后进式激烈嘿咻动态图_各类潮喷系列合集_国产大片黄在线观看_40岁成熟女人牲交片